住まいのトラブル相談室

起こりがちな事例を把握して、不安を解消、万一に備える。
トラブルにならないためには何に注意をしておくべきなのか、
もしトラブルになってしまった場合にはどう対処すればよいのか、
事前に知っておくことで、不動産取引の不安を取り除きましょう。

住まい探しやその後の生活の中で避けたいトラブルの事例や、もし問題が起きてしまった場合の対処法と実際に相談できる窓口団体を紹介しています。

住まいの相談窓口

住まいに関する相談を受け付けている団体を紹介しています。
トラブル事例集外部サイトへ

売買や賃貸の取引や、中古住宅を購入してリフォームするときに起こりがちなトラブル、過去に起きたトラブルを紹介しています。トラブルを回避するための基礎知識を理解しておきましょう。
住まい探し体験談外部サイトへ

住まい探しの途中に起こりがちな失敗や、住み始めてからわかる不都合などの体験談を紹介しています。満足のいく住まいを見つけるために必要な知識や情報を身につけましょう。

困ったことが起きたら

契約内容等を確認する

まずはどういった約束事になっていたのかを確認します。既に重要事項説明を受けたり、契約を結んでいる場合は、その書面の内容を確認しましょう。

話し合いの内容は書面にする

生じているトラブルに対する自分の要望を具体的に挙げて、相手と冷静に話し合いましょう。
その際、認識のずれがないよう、話し合いの内容や結果を書面に残して、共有するようにしましょう。また、その問題点にかかわる法律等の規定などについて、ある程度把握しておくとよいでしょう。

相談窓口を利用する

当事者間で話し合うことに不安がある、一般的にはどのような扱いになるのか知りたい、当事者間で話し合ってみたが解決できない、などの場合は、専門家のいる相談窓口を利用する方法もあります。

※掲載情報は【不動産ジャパン】外部サイトへサイトより転記しています。

住まいのトラブル相談室
ページの先頭へ