山梨エリアガイド

山梨で賃貸マンションやアパート、
住宅、オフィスをお探しの方に役立つ山梨の物件情報

山梨県の美味しいもの

美味しい水と伝統が生んだ味 [ 吉田のうどん ]

美味しい水と伝統が生んだ味 [ 吉田のうどん ]

「吉田のうどん」の人気の秘密は、恐らく日本でもここでしか食べられない独特の味と値段の安さにあります。

初めて口にする人には驚くほど硬めの太麺に、つゆは味噌もしくは味噌と醤油のあわせ味、具にはキャベツが添えられているのが特徴。お店ごとにオリジナルの薬味(擂りだれ)がブレンドされ、麺、つゆ、薬味が絶妙な味わいを生み出します。

食べ方は、初めての方は「冷い皿うどん」「冷やしたぬき」など、お品書きに「冷たい」が付いている”うどん”はご遠慮下さい。とにかく”うどん”が硬いのです、冷たければなおさらです。初めて食べた方がよく言います「コレは硬くて人間が食べるものではない」と。ところがこれが病みつきになり、「吉田のうどん」が食べたくなった、と東京から車を飛ばして来る方が激増しています。

テーブルに置いてある、薬味(ゴマだれ・擂りだれ)も必ず使ってみましょう。これらもそれぞれのお店で研究を重ね、七味、ゴマ、山椒等を使い独自の味を出しています。 初めての方は最初は薬味を入れずに汁からうどんと順次味わってから、その後薬味を入れるのがお薦めです。

店内では、その店の出してくれた”うどん”の品評会をするのはやめましょう!回りにいらっしゃるお客様の大半はその店のファンであり、友人であり、親戚だったりするので「硬い!」とか「塩辛い!」などと言おうものなら、睨らまれたり「チョット外へ出な!」などと言う事に・・・・・。

「吉田のうどん」は大勢で楽しく食べましょう。

ワイン王国  [ ブドウ、ワイン ]

ワイン王国  [ ブドウ、ワイン ] ワイン王国  [ ブドウ、ワイン ]

山梨は 日本一のぶどうの産地。 そして日本一のおいしいワインの産地。

甲州市勝沼は町全体がぶどう畑。 なだらかで日当たりの良い丘陵地はブドウ栽培に最適の地形です。

勝沼でブドウ栽培がはじまったのは1280年ほど前のことです。 ワインの歴史は120年ほど前にさかのぼります。 当時25歳と19歳の二人の若者がワインの本場フランスから本場のワイン醸造法を学び 貴重な知識と技術を携えて帰国後、本格的なワインの醸造に取り組んだのが始まり。

市内には数十もののワイナリーがそれぞれの味 伝統の味を持っています。 最近はたくさんのワインファンがお目当てのワイナリーを訪門。 こくのあるおいしさを実感できるのも格別。

最近ではワインの本場 甲州にあこがれいなか暮らしの定住者も増えています。
晴天率日本一の山梨にようこそ。 甲州市田舎暮らし 空家バンクの活用をどうぞ。

おすすめイチゴ狩り [ イチゴ ]

おすすめイチゴ狩り [ イチゴ ]

山梨県は、日本国内で最も果物が生産されているフルーツ王国です。昼夜の気温差が大きく土地の水はけなどが良いなど、最適な環境に恵まれているからです。

特に皆様もご存じ、ぶどう、桃は、生産が日本一です。その他サクランボ、リンゴ、柿等いろいろな果物も生産されており、最近は、山梨の早春の味覚といえば、皆様大好きな真っ赤なイチゴです。

イチゴ狩りのおすすめ時期は、1月2月の冬がとても大きく育つといわれてます。場所は、甲府市小瀬町・小曲町、甲州市、山梨市等々に点在するおいしいイチゴ園です。

最近のイチゴ狩りは、立ったままでそのまま摘み取りのできる高所栽培が主流。ちょうど手の位置に真っ赤なぴちぴちイチゴが沢山おいしく色付いています。

赤は食欲をそそる色。 入園料(大人 1600円前後)でミルク入りのうつわが渡されます。目の前の大きなイチゴを直接お口の中に入れれば身体中イチゴ色の血液に染まります。ああおいしい・・・園主のいうことに大体元を取るには35個程度は、食べてもらいたいとか・・・ 中には100個を超えるイチゴ大好き娘もいらっしゃるとか・・・ さて皆様は、何個に挑戦されるでしょうか?

不動産を探す

山梨県で賃貸マンションやアパート、賃貸オフィスや事務所、土地をお探しの方はこちらから検索いただけます。山梨県に興味を持った方、山梨県に住んでみたいと思った方も、あなたにあった住まいや不動産が見つかるかもしれません。ぜひお探しください。

全国の物件情報

ページの先頭へ