宮城エリアガイド

宮城で賃貸マンションやアパート、
住宅、オフィスをお探しの方に役立つ宮城の物件情報

宮城県の美味しいもの

[ 仙台長なす漬 ]

[ 仙台長なす漬 ]

長なす漬は仙台の漬物です。

仙台で長茄子が栽培されるようになったのは、伊達政宗の朝鮮の役(文禄2年=1593)に出陣した後のこととされています。

長なすは、東北の気候に合った早生品種で、紫紺長茄子とも呼ばれ、色ツヤもよく皮が薄く、10センチほどの小ぶりの細長いなすで、漬物用として最適な品種とされています。 細長いなすを、塩漬けや醤油漬けにしたものです。柔らかくて、上品な味わいで、温かいご飯はもちろんこと、酒の肴やお茶請けなどに食されています。

東北地方は冬が長いため、栽培期間が他の地域に比べ圧倒的に短くなります。仙台長茄子が小ぶりで皮がやわらかく、肉がしまった長茄子に分化したのも、こうした気候風土によるところが大きいようです。

[ ずんだ餅 ]

[ ずんだ餅 ]

「ずんだ」とは枝豆をつぶして作った餡のことをいいます。

枝豆を茹でて、薄皮をむき、すり鉢ですりつぶして、砂糖などの調味料を加え、餅や団子にからめて食べます。

豆をつぶして食べたことが「ずんだ」の語源という説があります。枝豆を打って作る豆打(ずだ)がなまって「ずんだ」と呼ばれた、伊達政宗が出陣のときに使った陣太刀(じんだとう)が変化して、「ずんだ」になったなど…。

伊達政宗が好んだというずんだ餅。仙台独特のお餅です。ずんだ大福、ずんだ煎餅、ずんだアイスなど、今では様々な商品がでまわっています。

不動産を探す

宮城県で賃貸マンションやアパート、賃貸オフィスや事務所、土地をお探しの方はこちらから検索いただけます。宮城県に興味を持った方、宮城県に住んでみたいと思った方も、あなたにあった住まいや不動産が見つかるかもしれません。ぜひお探しください。

全国の物件情報

ページの先頭へ