売るときに知っておきたいこと

不動産会社、査定依頼、売却価格、契約、引き渡し、税金まで。
不動産を売るときに必要な基礎知識をまとめました。

(3)不動産会社に売却を依頼する

3 - 2 不動産会社を選ぶ

不動産の売却で、信頼できる不動産会社を選ぶことは、とても重要なポイントです。不動産会社の役割を理解した上で、不動産会社の特徴や基本的な情報を確認していきましょう。

不動産会社が仲介業務で提供するサービス

不動産会社は、価格査定と売り出し価格の決定、物件調査、購入希望者の探索と条件交渉、買い主への物件説明(重要事項説明)、契約手続き、引き渡し手続き(現地立ち会い、代金や費用の決済等)など、不動産取引全体をサポートしてくれます。また、法律や税金などの専門的な分野についても、アドバイスを求めることができます。

特に、買い主との契約交渉を、専門知識を持たない当事者が直接行うことは難しいものですが、不動産取引のプロである不動産会社が間に入ることで、円滑に交渉が進むことが期待できます。不安な面があれば、不動産会社に相談してみるとよいでしょう。 なお、仲介手数料は、このような不動産取引全体のサポート業務に対して発生するものです。

不動産会社がしてくれること

不動産会社に具体的なサービス内容を確認する

次に、不動産会社に仲介業務で提供されるサービス内容について、具体的に確認していきます。不動産会社から、どのような販売活動をしてもらえるのかなど、サービスの内容を十分に確認することが大切です。そして、不動産会社とのコミュニケーションを通して、不動産会社の信頼性をしっかりと見極め、不動産会社を絞り込んでいきましょう。

※掲載情報は【不動産ジャパン】外部サイトへサイトより転記しています。

売るときに知っておきたいこと
ページの先頭へ