住まいの法律を知る

不動産を取り巻く法律や規制などは、数多くあります。
安心して不動産の取引をするために、知っておきたい主な法律や規制などを紹介しています。

5.土地の利用に関する法律

土地の利用に関しては様々な法律があります。土地の利用(用途)や開発、その取引を規制する主な法律は次の通りです。

都市計画法(国土交通省)

都市計画法では、街が無秩序に開発されて、住みにくくなることなどを防止するために、市街化区域、市街化調整区域などの都市計画区域を定めるほか、市街化区域における土地の利用用途等を定めています。市街化区域については、土地の利用用途のほか、建物の建ぺい率や容積率など、建物の建築に影響する規制があります。

国土利用計画法(国土交通省)

国土利用計画法は、土地の投機的取引や乱開発などを未然に防ぐために、総合的かつ計画的に国土の利用を図ることを目的とした法律です。不動産取引に関しては、一定規模以上の土地の売買や交換などの取引に関する届出義務などを規定しています。

※掲載情報は【不動産ジャパン】外部サイトへサイトより転記しています。

住まいの法律を知る
ページの先頭へ